下甑島

甑島の片隅で生きる男達

釣掛崎灯台

時々、ふるさとの手打に帰ってくる一つ上の先輩が、自分にとっての砂浜はここしかないからと海岸の清掃を始めた。 また芸術家風の長髪にしており、仲間から髪を切れと諭される「白髪の男」もいつからか海岸の清掃をするようになった。堂 […]